設備仕様

Structure

  • 直接基礎
  • コンクリートのかぶり厚
  • ボイドスラブ工法
  • 溶接閉鎖型せん断補強筋
  • ダブル配筋
  • 壁 厚

第三者機関による2つの住宅性能評価

※1:住宅性能表示制度による「設計性能評価」(取得済)及び「建設性能評価」(取得済)の等級において省エネルギー対策における等級4を取得します。
※2:「次世代省エネルギー基準」とは、建設省(現:国土交通省)が平成11年3月に定めた断熱・気密・冷暖房に関する基準のこと。断熱性能を向上することで地球温暖化に歯止めをかけ、エネルギー消費量がより少ない21世紀の住まいづくりに照準を合わせて改正されました。 家庭における消費エネルギーの中で大きな割合を占める暖冷房の効率を高め、室内環境を快適に保ちながら使用するエネルギーを抑えられる住まいの普及を目的としています。